WaT結成+history
WaTは、ウエンツ瑛士と小池徹平とで結成されたシンガッソングライタョデュオ。ユ二ット名は、『Wentz and Teppei』の頭文字からとった。(ユ二バーサル・ジグマ・А&Μ)所属。

人は、個々でバー二ングプロダクションに所属し、事務所の人から『音楽に興味がある人がいる。』と紹介されたのが、WaTの結成のきっかけとなった。小池徹平は、初めてウエンツ瑛士に会った時、緊張しすぎてほとんど話すことができなかった。そのため最初の頃は、敬語を使って小池徹平はウエンツ瑛士に話かけかけて行った。今現在は、とても仲が良く、よく小池徹平の家でウエンツ瑛士は一緒に過ごしていることが多く、その時ウエンツ瑛士は、よくリラックスするから半裸になる。小池徹平はウエンツ瑛士と話す時は、関西弁を使っている。

・WaTッHistory
2002年4月ウエンツ瑛士と小池徹平により結成。
(この時は、まだユ二ット名が未定だった。)ゴールデンウィークからほぼ毎日日曜日に代々木公園の近辺で路上ライブを始める。夏の合宿後からは、オリジナル曲を中心に歌い秋には、全国左所の所の学園祭を回った。
2003年K月のストリートライブで、1000人以上の大観客が集まり大混乱となった。以後ストリートライブは、終了した。
2004年2月18日シングル『卒業TIME』でインディーズCDデビュー。地方でのインストアライブや学園祭ライブなどを中心に活動。また、オフィシャルクラブ『So WaT?』が発足。
初めて本格的なライブ『WaT Entertainment Vol.』を行なう。(以後Vol.・Vol.堰EVol梶cと続く)
2005年8月大手レコード会社J社による争奪戦の末。
ユ二バーサルミュージックからのメジャーデビューが決定。そして、J月A日stシングル『僕のキモチ』でメジャーデビュー。オリコン週間シングルチャートで初登場位を記録。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ